2011年6月19日日曜日

室堂には梅雨がない!

こんにちは!
昨日のブログで、富山県内の本格的な梅雨入りをお伝えしました。

そんな富山県に位置するアルペンルート、どうせ山の上も雨なんじゃない・・・?
と、お思いのお客様に朗報です!!!

な、な、なんと標高2450Mの立山室堂には梅雨がないんです!

梅雨の雨雲は山々に遮られ、その雨雲を突き抜けた上にある標高2450Mの室堂は、梅雨時期でも晴天率が高くなっているのです。
実際に室堂の気象データでも4月~11月の中で一番雨の降る確率が低くなっているのです。

なので、下界は大雨なのに立山は晴れ・・・なんてこともしばしば。
ということは、雲海が見られる確率もぐんとあがる!!ということなんです!

富山平野にもくもく広がる美しい雲海!

雲のじゅうたんの上に広がる青空、どこまでも連なる美しい山々!圧倒されます。
さらにはそこに沈んでいく夕陽・・・感動します!!

梅雨だからこそ!!立山に遊びに来てみてはいかがですか?
おまちしております。


*梅雨がないとはいえ、山のお天気は変わりやすく、気温も下界と比べると10~15℃の気温差があります。
じめじめと蒸し暑い下界に比べて、湿度も少なく涼しい標高2450Mの立山にお越しの際は、念のため雨具や防寒着をお持ちください。
もちろん快晴の立山を楽しんでいただくために、帽子やサングラスもご用意くださいね!