2011年8月29日月曜日

地獄谷散策

今日は天気も良く陽は暖かいですが、風が冷たくて気持ち良いです。
景色も段々秋色に近付いてきました(つ^ω^)つ♪



今日は地獄谷について説明したいと思います!



地獄谷へ降りる階段はみくりが池温泉少し手前の
ベンチの目の前にあります。


階段は全部で580段!
降りるのには10分程度ですが


結構斜度があるため、上る時は倍程かかると思います。
私は降りは7分、上りは15分かかりました(´Д`;)


階段の途中に2ヵ所、ベンチがあります。


階段から見下ろした地獄谷です。
みくりが池周辺とは違った独特の雰囲気があります。


地獄谷に入るとまず分岐点があります。
右方面に行くと紺屋地獄、左方面は百姓地獄です。


分岐点に地図も置いてあるので分かりやすいです。


分岐点一帯は鍛冶屋地獄です。
硫黄の塔が立っています。


まずは左方面の、百姓地獄に向かってみたいと思います!


立山曼荼羅の地獄絵図で針の山に見立てられている剱岳が見えます。
写真中央奥の鋭い山が剱岳です。


あっつーい温泉がボコボコと湧き上がっています。
危ないので遊歩道以外には入らないで下さい。


ソーメン滝と称名滝に流れていく川があります。


橋を渡った先の道を進むと、天狗平水平道に繋がります。
この道からホテル立山横に出ることも出来ます。
殆ど水平な道なので、階段が辛い方はこちらから帰られたらいかがですか!?
所要時間は大体1時間半程です。


次は分岐点右方面の、紺屋地獄に行きたいと思います。


水が透き通っていて綺麗!


露店風呂…ではありません(`・ω・´)
あっつーい!!!ので入らないで下さい。
ここから温泉施設で使うお湯を送っているのです。



紺屋地獄を抜けた先に雷鳥沢ヒュッテや雷鳥荘があります。


地獄谷には亜硫酸ガス、硫化水素という有毒ガスが噴出しています。
気を付けて散策して下さい(・∀・)ノシ