2011年11月9日水曜日

今シーズンを振り返って・・・パート7

こんにちは♪
今日の室堂は晴れ!気温は7時で久しぶりのマイナス1.1℃!(^^)!
10時で2.9℃です。空気がピリっと冷えてます。
 
ミドリガ池も氷が張っていました。
散策していると・・・
 
この看板はたしか春には足元にあった!
ってことは、またここまで雪が積もるんですよね。

今のところまったく室堂平には雪が積もっていません。
 
今年は本当に雪が遅いみたいですね。
昨日夕方の散策中に出会ったお客様も「今回はスノーシュートレッキング目的で来たの!でも、まだ山登れちゃいそうね♪」っておっしゃってましたし、
雪上を歩く白くなった雷鳥の写真を狙って来られたお客様も防寒着にスノーシューを用意してきたのにと嘆いていらしゃいました。
でも、降り出せば一晩で50㎝~1m積もることもあるので、天気をチェックしてくださいね(^。^)

今日は立山黒部アルペンルートの乗り物について!
乗り物を振り返るって・・・(笑)

みなさん、立山黒部アルペンルート内の乗り物はいくつあるかご存じですか?

立山ケーブルカー
 
立山高原バス
 
立山トンネルトロリーバス
 
 
立山ロープウェイ
 
 
黒部ケーブルカー
 
関電トンネルトロリーバス


全部で6つです!!

お客様から乗り物についての質問がたくさんありました。
乗り物そのものについて、乗ってる時間、乗継、見える景色などなど・・・

みなさんはどの乗り物が好きですか?
私は個人的に立山高原バスと立山トンネルトロリーバスが好きです。
立山高原バスはなんといっても見晴し最高!
見晴しだけでいえば、立山ロープウェイも負けていませんが、立山高原バスは美女平~室堂まで標高差1500メートルあり、その移り変わりを見ながらの50分は感動ものです。
立山トロリートンネルバスは雄山直下を走っているので、毎回バスに乗っていると、この上にあの雄山があるんだぁ~と不思議な気持ちになります。
反対に雄山頂上にいる時は、この真下をトロリーバスが走っているんだぁ~なんて一回も思ったことないんですけどね(^_-)

乗り物があってこその立山黒部アルペンルートですもんね。

そこで、先日、売店でこんなものを見つけちゃいました。

その名も「立山ロボ」
立山ロボとは自然を破壊する悪い奴に立ち向かう、アルペンルートの乗り物6台が合体したロボットなのだ!
可愛かったので即買(笑)
 先日、ロープウェイの初お目見えをブログで紹介しましたが、来年の立山ロープウェイは形も色も新しくなります。
立山ロボもリニューアルされるのでしょうか?(・。・)?

沢山の乗り物に乗る事も楽しみにして、立山黒部アルペンルートに遊びにきてくださいヽ(^。^)ノ