2012年8月14日火曜日

有毒植物✿トリカブト―!!!

こんにちは☆☆

今日の室堂の天気は、くもりです☁
ガスで視界が悪いっ!!!
富山県は昨日の夕方から大雨洪水警報がでてましたね。。。
みなさん、大丈夫でしたか??
今日の午後から天気は回復傾向☆★
晴れてほしいですねぇ(>Å<)
少し肌寒く感じる今日このごろ(゜ε゜)
もう秋なのかなぁ…?
それとも、天気がすぐれないから…??

さてさて、
室堂にはこの花が咲きはじめました!!!
✿「ヤチトリカブト(キンポウゲ科)」✿
トリカブトといったら、みなさんは何を連想しますか?
そうですよね。。。毒ですよ!!!毒!!!!
ドクウツギ、ドクゼリと並ぶ日本三大有毒植物(>н<;)きゃ―!

今日はこのトリカブトについて書いていきたいと思います☆★
「えぇ!?トリカブトについてだけ??」
と、お思いになるかもしれませんね(゜ω゜)
トリカブトは奥が深~いっ!!!
キレイな花には毒があるのだ✿

花好き・植物好きな大西には興味深い世界!!
あぁ、有毒植物!!!
熱くなってしまいます(笑)

トリカブトの主な毒成分は、
な、な、な、なんと!!!
植物界の毒としては最強!…いや、最凶?
自然毒としては、フグ毒の次に位置するらしいのです!!!
この最強の毒を全草(特に根)に含みます(・ε・)
食べると死にいたることもある恐ろしい植物!!!
摂取後、数十秒で死亡する即効性があるんです((+Д+))わぁぁぁぁ―コワイ―!!!
今、特に解毒剤もないんですって!!!

芽吹きのころには、セリやヨモギなどと似ているため誤食の危険性も★
ヨモギの葉★似てる似てる!!!

注意!注意!!
蜜や花粉にも中毒例があります!
いやはや、トリカブトはどこもかしこも危険ですね…。。。

が!!!
トリカブトは毒!!ってだけではないのですよ(*´∀`*)
毒は薬にも成りえるってことでしょうか?
毒性の強い根っこの部分は、漢方薬として用いられます。
強心作用、鎮痛作用があるのです~\(●≧ε≦●)/
ただ、あまりに毒性が強いため、
1000分の1ほどに弱毒処理されるらしいですけどね…(笑)

トリカブトの名前の由来は、
花が古来の衣装である鳥兜・鳥帽子に似ているからとも、
鶏のトサカに似ているからともいわれています★☆
似てるかい???

ギリシャ神話では、地獄の番犬とも呼ばれるケルベロスのよだれから生まれたとされています。
ケルベロスさんには、むやみやたらに
よだれ垂らさないでいただきたいものですね(゜н゜)

有毒植物を殺人に使うサスペンスドラマもよくありますが、
みなさんは絶対に使用しないでください!!!
わたしですか??
わたしは絶対に使用しませんよ❤❤
死んでしまう危険がありますからねぇ。。
※食べるフリですよ~。

そして、誤食にも充分に注意してくださいね――(●´ω`●)

さて、トリカブトをはじめ毒を含む植物って意外に多いですよね。。。
ここ立山にもトリカブトのほかに
✿「コバイケイソウ(ユリ科)」✿
も、毒を持つ植物として知られています(+н+;)
全草にアルカロイド系の毒を持っています!!!
誤食すると、嘔吐や痙攣の症状がでます(´ε`;)!
重篤な場合、死に至る危険性も!!!

こう有毒植物を調べていると、
結構メジャーな植物にも毒があることが分かっちゃいました…。
もちろん、トリカブトもそうですが
薬となる植物もありますけどね~(*≧Д≦*)
毒になるか、薬となるか、その差って紙一重だなぁ…。。。
知れば知るほど奥深き植物の世界ですね❤


山ガール大西