2012年8月21日火曜日

立山縦走

こんにちは!

やっと行ってきました、立山縦走~(*^▽^*)ノ
今日はその様子をご紹介したいと思います。

おにぎりを作って、8時に室堂ターミナルを出発!
一ノ越までの間に、まだ雪渓が2箇所残っていました。
雄山到着!
雲行きがあやしくなってきたので、引き返そうか迷いましたが・・
風もなく、雲の動きもゆっくりだったので、縦走続行!
立山連峰で一番標高の高い、大汝山(標高3015m)。
想像よりゴツゴツしていた、富士の折立。
富士の折立~真砂岳稜線の東側にある雪渓は「内蔵助雪渓」
(くらのすけせっけい)と言って、これが『氷河』と認められれば、
約1700年前(邪馬台国卑弥呼の時代)の、日本一古い氷となります。
富士の折立から少し急な斜面を下った後の
真砂岳山頂に続く稜線が、一番歩きやすくて気持ち良かったです♪
真砂岳山頂近くにたくさんあった積石。
この積石は「ケルン」と言って、登山の記念や道標とされています。
真砂岳・・?です!!!(笑)
“大走りコースの入口はわかりにくい”と聞いていたので、実際に確認。
これからはお客様に質問されても、的確に案内出来ます!
ここに来て、想像以上に急だった別山への道のり・・。
でも、なんなくクリアー☆
会えない会えないと嘆いていた雷鳥に、なんとここで会えました!
しかしこの後・・雷が鳴りだした(><)

ここからは、猛ダッシュ(のつもり)で剱御前小舎へ。
その勢いで雷鳥沢を下り、
最後の難所・雷鳥沢キャンプ場~エンマ台の急な階段を上って、
なんとか無事、室堂ターミナルに到着しました。

トウヤクリンドウが稜線にたくさん咲いていました。

一時は、予想外の雷にヒヤヒヤしましたが、
そのおかげか、はたまた週3~4回の室堂~天狗平のジョギング効果か、
振り返れば5時間で縦走出来ちゃいました(標準タイムは7~8時間)☆

雄山を出発した後の天気は終始、ガスがかかったり晴れたりで、
楽しみにしていた山でのランチや、稜線からの眺望、
別山からの剱岳眺望など、いろいろとオアズケになってしまいましたが、
とっても楽しい立山縦走でした。

今度は晴天の日に、のんびり縦走したいなぁ~(* ̄  ̄*)


山ガール西田