2012年9月12日水曜日

「スイス・ユングフラウ鉄道」パネル展示

こんにちは。

さいきんの室堂の変化といえば、紅葉。
室堂は草紅葉で色のバリエーション的には多くありませんが、
刻一刻と移りゆく風景は、何枚写真におさめても飽きることはありません(^-^)
緑から黄金色へ日々変化

室堂平から富山平野へ向けての場所が、
マイ紅葉ベストスポットです(*゜v゜*)
ぱーーっと広がる光景と、その先にみえる富山平野の眺望。
段々になっているので、奥行きがあって、
(今は)緑や、イワイチョウの黄色、チングルマの綿毛のほわほわ、など
色のコントラストがとても素晴らしいです(゜゜❤)

悠然とただずむホテル立山

んー、写真じゃいまいち伝わりませんね。。(腕のもんだい…?ほほほ~(゜v゜*)
まだ紅葉真っ盛り、というわけではありませんが、ぱらぱら色んな色がある状態も
またまた綺麗です。
こうなってくるとアルペンルートで、
一、二を争う紅葉エリア、弥陀ヶ原の紅葉が待ち遠しいですね。


そんな室堂ターミナルでは、
『立山黒部アルペンフェスティバル2012』の期間中展示していた、
「スイス・ユングフラウ鉄道」のパネル展示、好評につき、展示期間を延長いたしております。
室堂ターミナル一階の階段から、
二階
三階の出口に沿って、展示続いています。
ほほ~っ(゜o゜*)
というような圧巻の写真ばかり。
お気に入りのいちまい。

アルペンルートにもいろいろな乗り物がありますが、ヨーロッパの移動も鉄道が主流。
よおうく考えたら、アルペンルート(2450m)、ユングフラウ鉄道(3454m)や、
世界の鉄道最高峰は標高約5.000mまで鉄道が通っているというから、

えっ、

すごく、ないか?(゜v゜*)


「スイス・ユングフラウ鉄道」のパネル展示は10月初旬まで随時展示してあります。

みなさんも、よかったら、
室堂ターミナル階段で足をとめて、みてみてくださいね(*^^*)



山ガールみずはし