2012年10月4日木曜日

雲海に沈む夕日

こんにちは!

先月末、一ノ越~浄土山~室堂山コースを散策してきました。

※この散策後、休日と東京出張が重なった為、少し日が経ってしまいました。
現在の紅葉はもっともっともっと、本当にキレイです。

今日の『読売新聞』一面にも、堂々と紹介されています!!
今日は台風の影響か、ガスが出たり晴れたり変わりやすい天気。

さて私の散策は、紅葉の見頃まで“あと一歩”という頃の様子ですが、
この頃でも、十分過ぎるほど、紅葉風景に感動しました。
浄土山の山肌、見て見て~♪(笑)
近くで見ると、もっと感激します。
雷鳥沢方面も、負けていません。
(現在は赤色・黄色がもっともっと濃く、鮮やかになっています)
写真を撮りながら進むので、自然と休憩出来ているらしく、全く疲れず進めます。
残雪も見る事が出来ました(※登山道にはありません)。
浄土山中腹付近から見た雄山方面は、“稜線”って感じがします(* ̄  ̄*)♪
浄土山から望む五色ヶ原は、優しい母のようで、見ていて落ち着きます。
まさに“雲海”。
今日の目的『雲海に沈む夕日』を目指して、室堂山へ向かいます。
途中、岩場があるので注意しながら進みます。
室堂山展望台に到着。夕日が良い感じになってきました。
遠くに白山、手前に鍬崎山が、海に浮かぶ島のようにも見えます。
ここで、コーヒーを頂きます。
今夏購入したPRIMUSバーナーセットが大活躍♪
山の上で飲むコーヒー、自分で沸かしたコーヒーは格別(● ̄  ̄●)
心も体もホッとするひとときです。
今日も一日、無事に終わっていく安心感と、
今日見る景色は二度とないという寂しさと、
夕日を見ると、そんな両方の気持ちが入り混じります。
山は何も言わず、ただただ温かく抱いてくれているようです。
“中秋の名月”は、秋を感じさせてくれます。


キレイなものを見てキレイと言える。
そんな、当たり前の事を思い出させてくれるのもまた、
こうした自然の力、そして魅力なのかなと思います。

たまには都会の喧噪から離れて、自然を身体で感じてみませんか。


山ガール西田