2012年10月18日木曜日

立山の四季 ~室堂~

こんにちは。

今日は立山黒部アルペンルート全線開通4月(中旬)から今日までの
立山・室堂の季節の移り変わりをふりかえってみたいと思います!

<春>
まず4月。
室堂へ来た当初、雪が残っているどころか、まだふつ~に雪が降って、積もります。
6~7mくらいの積雪があったので、これがほんとに融けるの?と思った。

圧倒的な雪の光景に感動した4月。(4月29日撮影)
今年の「雪の壁」は17m。(4月18日撮影)
個人的に「雪の壁」を見にくるなら前線開通すぐの4月がおすすめ。
(高さはもちろん、雪の白さ、美しさ、など加味して)
あっ、こんなところにベンチがΣ(゜v゜)って発見が相次ぐ5月。(5月30日撮影)
 
まだまだ全体像が想像できなかったころ。
雲海がきれいに、よくみれるのは5、6月(な気がする)。
夕方外にでてたことが多かったなあ。(6月10日撮影)
7月。世間では夏真っ盛り!しかし室堂ではまだまだ雪が…(^o^)/(7月4日撮影)
初めて室堂山展望台へ行ったのも7月。
ガスでなにも見えなかった!
でも不思議と高揚感があった(7月16日室堂山展望台にて撮影)
(だってこの笑顔だよ?何にもみえてないのに笑)
室堂山展望台からは、室堂平をはじめて少し上から眺めた。
少し山を登った気分を味わえた。(7月16日室堂山にて撮影)
 
<夏到来>
本格的な登山シーズンになり、爽やかな景色が広がる。麓は今年は猛暑でとても暑かったが、
室堂では、15~20℃くらいの気温。過ごしやすすぎて、惚レテマウヤローと思った。(笑うところ)
全体像が明らかになる7、8月。新緑と高山植物もが次々と咲き誇る。(8月2日撮影)
雪が完全に解けてから浄土山に初挑戦の8月!(8月2日浄土山にて撮影)
(このあと一ノ越方面へ抜けたのですが、
まさか真っ暗な中を歩く事になろうとはこの瞬間は知る由もなく…
綺麗な夕陽に心奪われ…)
 
<とうとう秋>
紅葉の季節!室堂はアルペンルート内で最も標高が高い(2450m)ので、いち早く秋の訪れが…(*^^*)
9月。イワイチョウの黄色が 室堂平を染め上げる。(9月17日撮影)
ええ~い(*’ゝ’*)ノなんて綺麗なんだー!
今年の紅葉は綺麗でまいっちゃうね。(9月30日雷鳥沢にて撮影)
 
そして秋が深まった10月。高原バスから眺める紅葉が楽しみで、
ってことは必然的に上下山(室堂往復)が楽しみになった10月。
室堂がこんなに鮮やかに染め上るのはみたことがないそう!
(10月2日高原バス車内にて撮影) 
はじめて!はじめて!ハート型のミクリガ池が撮れた~(10月8日撮影)
しかも紅葉ヴァージョン(*' '*)!!うれしくて何枚も撮っちゃった!
<冬の気配>
ついに雪が積もった室堂(10月12日撮影)
さいきんの室堂(10月15日撮影)
 
紅葉はピークを過ぎ、冬支度が始まる。
 
※紅葉は、弥陀ヶ原~弘法付近と大観峰~黒部平、黒部ダム周辺が見頃最盛期を迎えています。
美女平も色づき始めました!

 
ドウデショウ?\(^o^)/
ざっと振り返ってみましたが、おんなじとこかい?!Σ('◇')
ってくらい四季折々、そのオスガタを変化させる立山。
立山黒部アルペンルートは、一年に何回きても違う景色がご覧いただけます! 
こんな素晴らしい財産(もはや自然財産といっていいと思う)をもった富山を誇りに思うわたしなのでした!
 

 
山ガールみずはし
(写真・山ガール)