2013年4月22日月曜日

積雪調査最終日~

本日の室堂は小雪が舞っております~***
スキーヤーが続々と登って行きます。

そんな中、昨日のブログに引き続き積雪調査を見学させていただきました~^^/

さて、この上記の写真、

このスキーヤーが歩いている下!

この雪の下にはどれくらいの雪があるのでしょうか?

なんと7m30~40cm掘ったそうです!
しかも人力ですからね。すごいという言葉しかでてこないです^^;

ちなみに昨年は昨年の立山・室堂平の積雪は、6m10cm(4月21日付)、

今年はやはり雪が多いのですね*o*

上を歩いている人と比べると深さがより際立ちます。

そして何をするかというと
3cmごとにサンプルを採取します。
地道な作業・・・
全部で230~40ほどにもなるそうです。

秋から春にかけて積もった雪には黄砂粒子、大気汚染物質などいろいろなものがつもっており、まさに情報の冷凍庫っていうところでしょうか。

この黒い層が見えますか?

この層のある深さによっていつ頃大気汚染物質が飛んできたか分かるんです。
そして黄砂にもきれいな黄砂と汚い黄砂があって、
今年飛んできた黄砂は黒い汚い黄砂だったそうですT_T
PM2.5ではないかっていう黒い層もありました。

しかし、黄砂もただ飛んできているだけではないようです!

こんなお土産をいただきました~
黄砂にくっついてきた微生物で作られた納豆。

大気だけではなく微生物の研究まで幅広いです!

室堂の雪でも研究されているようですよ。
いつか室堂でも“やまなっとう”が販売されるかもしれませんね~^^

この積雪調査は立山の自然環境だけでなく
もっと広い範囲での研究にとっても重要な調査となっております。

研究者のみなさまに感謝です!

昨日の悪天候、今日の雪がちらつく中ほんとにお疲れ様でした。


「立山・室堂平積雪断面調査」

 
 
山ガール しもで
 
 
❤読んだらポチっと押していただけると、山ガールの励みになり嬉しいです❤
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ